こども本の森 神戸

「こども本の森 神戸」へのイラスト・応援メッセージ~〔第10弾〕大畑 いくのさん

2022.01.06 | News

神戸ゆかりの絵本作家・画家・イラストレーターからの贈り物
~「こども本の森 神戸」へのイラスト・応援メッセージの発表~

 

令和4年(2022年)春の開館に向けて、神戸ゆかりの絵本作家、画家、イラストレーター12名の方より、「こども本の森 神戸」をイメージしたオリジナルのイラスト作品、応援メッセージをお寄せいただきました。 今後、市民の皆さまに「こども本の森 神戸」が開設されることを幅広く周知するとともに、開館までの機運を盛り上げていくため、いただいたイラスト作品、応援メッセージを毎月1作品ずつ「月刊神戸っ子」紙面、HP上で発表していきます。

 

第10弾は「大畑 いくの」さん!

 


≪応援メッセージ≫

 

≪プロフィール≫

大畑 いくの氏プロフィール 画家・絵本作家。1973年横浜市生まれ。神戸市中央区北野在住。アメリカ・ワイオミング州のウェスタンワイオミングコミュニティカレッジで油絵を学ぶ。2005年、東京・中野での初個展以来、数々の個展、グループ展、ライブペインティング、挿画の仕事で活躍中。 主な作品に、『貝のなる木』(編集工房くう)『そらのおっぱい』(スズキコージ/文 農文協)『土神ときつね』(ミキハウス)『イワンカとマリイカ』(福音館書店)など。